TopPage

本サイト「体重ダウン計画」では、健康とダイエットに関する口コミ情報を掲載しています。
健康的な身体になる為に、ぜひお役立て下さい。

野菜を食べるダイエット方法

徹底して、食事を見直しました。私が考えた食事は、野菜を食べることです。ダイエットに良い野菜は、大根です。食べたものをしっかりと消化させてくれるので、太りにくいです。その大根は、生のままでサラダとして食べます。

生のまま千切りにして、それをカロリーハーフのマヨネーズで和えて食べます。ミョウガやきゅうりなどを入れて美味しく、その日によって和える野菜をかえてみます。食べやすく、さっぱりしているのにお腹を満たすことができます。

それをボール1杯を作っておき、1日に5回に分けて食べます。朝と昼、15時頃と18時頃、21時頃という感じです。何回にも分けて食べると、その間にお腹が空きにくくなります。どか食いをしなくなり、結果、太りずらくなりました。

飲み物は、脂肪が付きにくくなるというゲンピ茶を飲むようにしました。それを、少し温めて飲むようにします。身体を冷やさないようにするのもポイントです。夏でも厚めの靴下を履いたり、お腹に薄手の腹巻をして寝ました。

冬は、首や脚を冷やさないように工夫します。マフラーをしたり、フリースのボトムを3枚ほど重ねて履きました。靴下は2枚から3枚を履きます。座っている時にも足を動かすようにし、身体が冷えないようにしました。

腰も動かすようにしました。腰を左右に動かすことができる椅子の上に座り、テレビを観ている時でも、作業をしている時にも常に動かしました。腰を動かすことで、お腹周りに付いてしまった脂肪を減らすことができました。

フラフープも買いました。フラフープを立った状態で腰で回します。1日に50回ほど回しました。慣れると早く、安定してできるようになります。コツは、あまり大きく腰を回さないことです。

背中からお腹にかけての無駄なお肉が引き締まります。回せるようになったら、両腕を上下パタパタと同時に動かします。二の腕に付いた脂肪を改善することができ、引き締まります。

もっと慣れてきたら、両膝を曲げながらフラフープを回します。より、新陳代謝が上がります。